menu

自費診療への
こだわり
Private Menu

FOR PATIENTS

鈴木歯科医院は、自費診療(保険外診療)を中心とした歯科医院です。
なぜ自費(自由)診療が中心なのでしょうかそれは「より良い歯科医療を提供したい」からです。

我が国の医療水準が高いというイメージもあり、なんとなく「保険の範囲内でできる治療であれば保険診療でやってくれた方が良いのではないか?」と思う方も多いと思います。しかし、実際はそれぞれの患者さんに対して最適な治療を行うことは保険治療の範囲内では困難なのです。

患者さんのために

鈴木歯科医院は
自費診療に
こだわります

当院における自費治療は、ただ単に材料の違いや見た目が違うだけで選んでいただくことはありません。
一般的な自費治療というと、入れ歯であれば自費治療=金属床義歯(金属の入れ歯)、保険治療=プラスティックの入れ歯と考えられております。金属の入れ歯の方が薄くて熱が伝わりやすく装着感が良いという理由で自費治療の入れ歯を勧められることが多いと思います。また被せ物であると自費治療=セラミック、保険治療=金属の歯と考えられております。セラミックの方が見た目も白くて綺麗だからということで勧められることも多いと思います。当院では自費治療の入れ歯であれば患者さんの要望に応じてプラスティックや金属を使います。また被せ物であればこちらも患者さんの要望に応じて金属の歯を使うこともあるしセラミックの歯を使うこともあります。既製品を選ぶように歯の種類を選んでもらうようなことはしません。当院では患者さんの予算や要望に合わせて材質や治療方針を決めていくことが非常に重要であると考えております。

保険診療と自費診療では
目的が違います

保険診療と自費診療ではその目的が違います。
保険診療の目的は主に『痛みを取ること』『最低限の機能回復』です。一方、自費診療の目的は『治療した歯を虫歯や歯周病になりにくくして、治療回数を減らすこと』です。目的が違うため掛ける時間や使う材料は違って当たり前なのはご理解いただけると思います。

保険診療では使用材料を自由に選ぶことはできませんし、治療に十分な時間をかけることもできません。しかし、自費治療であれば、患者さんが納得するまで相談を重ね、様々な手法、様々な材料を使うこともでき、本当に患者さんが納得する治療を行うことができます。

  • 保険治療とは

    保険治療とは

    保険制度に則った一般的な治療です。安価である一方、材料・治療時間に制限があり治療の制度は劣ります

    制度の低い治療は多くの場合再治療を必要とします。

    歯は治療回数が増える程抜歯の可能性が高くなります。

  • 自費治療とは

    <

    材料に制限がなく、治療時間にも制限がないため高い精度の治療を行います。

    再治療の可能性を極力回避し、歯の損傷を可及的に少なくします。

    その歯だけではなく口腔内全体を診た上で治療する事で必要な治療のみを行います。

当院の自費診療におけるこだわり

  • 診療時間を十分に確保します

    COMMITMENT 1診療時間を十分に確保します

    精密な診療を行うためには確認が必要です。
    当院では写真を撮影するなどして確認することも大事な行程だと考えて居ります。そのため、診療時間は十分に確保して治療を行います。

  • 拡大視野で治療を行います

    COMMITMENT 2拡大視野で治療を行います

    当院では基本的に拡大視野下で治療を行います。また治療内容によっては20倍の拡大視野で治療を行います。肉眼では見えない汚れや段差も拡大視野下で確認することでより精密な治療を行うことを心がけます。

  • 材料にこだわります

    COMMITMENT 3材料にこだわります

    残念ながら保険制度の中では、海外では有効性を示されているにも関わらず、使えない材料も多々あります。

    自費治療においてはそう言った材料も患者さんに説明させて頂いた上で使用する場合があります。当院のドクターは数多くの勉強会に属しており、最新の情報をもとに治療の方法を決めていきます。

  • 防湿にこだわります

    COMMITMENT 4防湿にこだわります

    歯科治療はお口の中で行うため、唾液のコントロールは非常に重要です。
    治療によっては唾液が感染経路になりうる事、唾液が接着阻害をしてしまう事など問題を生じてしまう場合があります。自費治療において唾液と相性の悪い材料も当院では内容に応じて必要であれば防湿を徹底しています。

  • 歯科技工にこだわります

    COMMITMENT 5歯科技工にこだわります

    歯科治療において歯科技工士の技術はとても重要です。
    当院に在籍している歯科技工士もおりますが、治療内容によっては信頼している外部の歯科技工士に製作を依頼しております。

    ケースによっては積極的に歯科医師自ら歯科技工を行います。歯科技工士に製作を丸投げをしていては良いものは作ることはできないと考えるからです。

    治療用義歯について

自費診療の料金の目安

準備中

院長から自費診療を
お考えの患者様へ

FOR PATIENTS正しい治療方法を選択しましょう

なぜ自費治療なのか? それは、保険診療は最低限の医療だからです。

保険治療の根本はどこで誰が治療しても同じ料金で受けられるというものです。受ける側から見ると非常に便利なものですが、保険治療で本当に良い治療を受けられるわけがありません。
例えば食べ物で考えてみてください、どこでも誰がつくっても同じ味のもので本当に美味しいものはあるでしょうか。

もう一つの問題は、保険診療では患者様一人一人に十分な説明の時間を設けること、治療に対する希望や不安をよく聞いて治療のゴールをきちんと共有することなどが難しい状況が生まれているという点です。
保険診療で使用できる詰め物・かぶせ物は自由診療に比べ精度が低くなることが多く、その隙間で虫歯菌が増殖してしまい虫歯ができてしまいます。つまり、保険診療により虫歯の治療やかぶせ物の治療を行うことで歯の寿命は短くなってしまう恐れがあるのです。 また、保険診療では一定時間内にできるだけ多くの治療をこなす必要が生じます。保険点数は歯科医師の技術ではなく処置内容によって決められています。「最善の治療」も「”及第点”な治療」も「歯科医1年目の治療」も「専門医の治療」も、処置内容が同じならば同じ点数なのです。

結果として多くの歯科医院で、時間をかけ、器材にもこだわった、高い技術レベルの歯科治療をご提供することは難しくなっています。こうした状況は、患者さんにとっても歯科医院にとっても無益です。

患者さん一人一人に最適な医療は異なります。

鈴木歯科医院では、より良い歯科医療を提供するために何よりも必要なのは、十分な時間をかけて患者さんの話を聞くことだと考えています。そのため、これまでの経緯や今後どうしたいのかなど、患者さんの要望を詳しく伺います。
最先端の治療が最適な治療とはかぎりません。それぞれの患者さんが抱えているご事情(時間、経済、身体、環境など)により、その方にとっての最適な治療方法は変わってきます。
もちろん、ただお話を伺うだけではなく、「なぜそのような状態になったのか?」を明らかにするための検査も必要です。

当院では、顎関節・咀嚼筋・噛み合わせ・根管・歯周組織・歯槽骨など、マイクロスコープを使用して各歯牙を多方面から検査し、原因の追求を行います。原因を究明することなく治療を行えば、元の状態に戻ってしまう可能性は高くなってしまうからです。
続いて治療計画を立案し、その内容を丁寧に説明します。
また、症状が重度で複雑な要因を持つ場合は、その分野における専門家と連携してチームアプローチを行うことで最善の医療を提供します。
十分な時間をかけて患者様のお話を伺うことができ、最適な治療計画を立案できるのは、自由診療だからこそです。

まずは一度当院でカウンセリングを受けてみませんか?
何度でも患者さんが納得するまで相談させていただきます。

鈴木歯科医院 院長 鈴木英史

  • 院長から自費診療をお考えの患者様へ
  • 院長から自費診療をお考えの患者様へ
  • 院長から自費診療をお考えの患者様へ
  • 院長から自費診療をお考えの患者様へ

PAGE TOP