menu

痛みを抑える治療About us

患者さん一人ひとりのご要望・ライフスタイルを考慮した治療計画を立案し、治療期間・費用など、様々な角度から検討を重ねた治療をご提案します。 そして、あなたに笑顔、安心、そして満足をお届けいたします。

当歯科医院では安心して診療を受けていただけるよう、痛くない歯科治療(無痛治療)を様々なアプローチから行っています。
無痛治療に特別な費用は頂いておりません。無痛治療を希望されて当歯科医院を受診される方は、初め無痛治療に半信半疑のご様子ですが、無痛を体験された後は「もっと早く治療に来ればよかった」「本当に痛くなかった」「いつ麻酔されたか分からなかった」とおっしゃる方が多くいらっしゃいます。

治療部位の炎症の状態などにもよりますが、痛くない歯科治療「無痛治療」は、基本的に可能ですのでご安心下さい。(ただし、強い急性炎症時は炎症を抑えるための応急処置となる場合があります。)

当院の痛みを抑える治療対応

  • 針の感覚をより小さくする

    TREATMENT 1針の感覚をより小さくする

    麻酔注射の際に、痛みを感じる要素として麻酔針の太さがあります。 当院では、一般的に使用されている30G(0.3ミリ)よりも細い33G(0.26ミリ)の物凄く細い針を採用し、粘膜に触れる瞬間の感覚を最小限に押さえています。

  • 一定の圧力を維持しながら注入

    TREATMENT 2一定の圧力を維持しながら注入

    人間の手で麻酔液を注入すると、注入速度にばらつきがあるため、痛みが出やすくなります。当院では、機械式の注射器を採用して、一定の圧力でゆっくり注入する事で痛みの緩和を実現しています。さらに、恐怖心を与えないため、注射を打つ時には患者様の視界に針が入らないよう心がけて処置を行っております。

  • 粘膜に塗る麻酔を施す

    TREATMENT 2粘膜に塗る麻酔を施す

    針が刺さる瞬間のチクっとする痛みを緩和するために、予め針を打つ粘膜に麻酔を塗布し、感覚を麻痺させる事で痛みを軽減します。塗る麻酔を施す際には、痛みはありませんのでご安心下さい。

Anesthetist for patients専門の麻酔科医が麻酔対応

鈴木歯科医院でインプラントや親知らずの手術を行う際に、静脈内鎮静法という方法を用いることがあります。これは、手術が怖いという患者さんに最適です。鈴木歯科医院で静脈内鎮静法を併用しインプラントを埋入した患者さんのほとんどが術中の不快感を覚えていませんでした。

静脈内鎮静法とは、術前に手の静脈に点滴で麻酔薬を入れ寝てしまった状態で手術をスタートし、目を覚ませば手術は終了しています。静脈内鎮静法における麻酔は、鎮静のコントロールが必要なため麻酔の専門医が行います。

術後しばらく眠気が残ったり、体がふらついたりする事があります。その場合は無理せずしばらく安静にしてから帰って頂く事になります。基本的に自転車や自動車の運転は禁忌となるため公共交通機関か徒歩あるいはご家族の方に送ってもらい通院して頂く事になります。

点滴による麻酔法ですので、半分寝ているような感覚のまま治療を受ける事ができ、痛み以外にも、不安や恐怖心といった精神的負担の緩和が可能です。多少交通の不便はあるものの、『気付けば手術が終わっている』状態こそが、患者さんの安心感に繋がることと考えます。

PAGE TOP