menu

小児歯科Menu

こころに
笑顔の貯金が
できますように

歯医者さんはお子さん本人だけでなく、保護者の方々にとっても「痛い」「怖い」「嫌なところ」というイメージの場所であると思います。

確かに歯科治療は子どもにとって、とても大変なことです。 しかし、まず歯医者さんの雰囲気慣れてもらうことからはじめ、歯医者さんを練習してもらい、上手にできたことを褒めてあげることで「歯医者さんは褒められて心地いいところ」になるようにしていくことで、きちんと治療ができます。

少し時間がかかる場合もありますが、概ね3歳以上のお子さんであれば充分治療が可能になることができます。もちろん治療に痛みを伴うことが予想される場合には、しっかり麻酔を効かせて無痛治療を行います。

保護者の方々も、お子さんたちに「歯医者さんは痛くて怖いところ」とお子さんたちに説明しないでください。そして少しでもできたことがあれば一緒に褒めていただくとよりスムーズに治療を進めていくことができます。

無理やり治療することもできますが、それではお子さんたちが次に虫歯を抱えたとき、歯医者に行くことができず、ひいては一生歯の問題を抱えたまま過ごすこともあります。

当院ではひとりでも多くの子どもたちが健やかに成長できるよう、手助けさせていただきたいと考えています。

  • 小児歯科
  • 小児歯科

Oral care for children子どもの歯に虫歯を作らないために

虫歯の原因菌は生後周りの方のおくちの中から感染します。
(お母さんのおなかの中で移るのではありません。)
口移しで食べ物を与えたり、スプーンの使いまわすことは虫歯菌をどんどん移してしまうので避けてください。
しかしどんなに注意しても少なからず虫歯菌は移ってしまいます。

移ってしまった虫歯菌から虫歯を作りださないために一番効果的なのは、虫歯菌を歯ブラシで機械的に取り除くことです。おくちの中の隅々まで歯ブラシをいきわたらせることは意外と難しいので、当院ではお子さんと保護者の方両方に磨き方のコツをお伝えしています。

小児歯科

次回の小児歯科

6月5日(土)14:15〜17:00

Pedodontics小児歯科専門外来

当院では子どもにできるだけ無理はさせないように治療を進めていきたいと考えています。
しかしどうしても必要な場合は、緊急処置を小児歯科専門医により行う場合があります。また、お子さんの歯並びの相談も受け付けていますのでご相談ください。

小児歯科での受診がはじめての場合は、一度ご来院していただき、常勤歯科医師で診察、ご相談の上、小児歯科指導医の予約を改めてお取りいたただきます。診察、ご相談の結果によっては、常勤歯科医師が連続して担当することもあります。

小児歯科専門外来の担当は飯沼光生です。完全予約制になります。キャンセル、遅刻の際には必ずお電話ください。ご連絡がない場合には、こちらからご自宅にお電話する場合があります。

特に春休み、夏休みは大変混み合いますので、お早めのご予約をお願いいたします。上記小児歯科の予定日以外に経過観察が必要な場合は、常勤歯科医師が担当いたします。また、学会等で予定日が急に変更になることもございますので、予めご承知おき下さい。

PAGE TOP